昨夜来の嵐が残り、今日は朝から雨交じりで太陽の顔さえ拝めぬ曇天の一日だった。
南国に住む人達にとってはこんな日は肌寒い一日で、たいがいは長袖のシャツを着込み、人によっては革ジャンを着込んでいる者すら見かける。
はたして気温は如何にと、寒暖計を覗いて見ると何とこれが25度!!
日本なら真夏とおぼしき気温である。
海で嵐に会った時なんぞはまるで凍えそうな位寒さを感じるときがある。
そんな時でも気温はせいぜい24度位のものである。
ここチュークでは、普段天気のいい日の日中の気温は大体35度前後である。
いつもはそんな中で動き回っている訳だ。
それが一気に体感気温が10度も下がるのだから、寒く感じるのは当たり前、ということになる。
こんな時には、冷たいビールなんぞはもってのほかで、熱い一杯のコーヒーが頭の中を駆け巡っている。