イメージ 1

2年ほど前、初老の紳士がチュークを訪ねて来た事がある。民話を収集していると言う事で少しお手伝いをさせて頂いた。お話しを伺っていて、その生き方にとても感銘を受けた事を思い出す。そして今日、その方から1冊の本が送られてきた。『ミクロネシア千一夜譚』多賀敬二・文芸社発行だ。かつてのミクロネシアの島々には文字が無かった。人々は物語を言葉で伝え伝承していった。そんな昔々の夢物語が1冊の本になったのだ。ミクロネシアの楽しい夢物語がギッシリと詰まった1冊である。一読をお奨めする。