2018年03月

イメージ 1

東京の友人から素敵な手紙を頂いた。
鮮やかなハイビスカスの一輪の写真の下に心のこもった短い文章が添えてあった。

『一昨年の秋に、10cm程のハイビスカスの小枝を入手しました。水に入れたり、挿し木をしたり・・・大事に育てました。そのうち、葉が出て、昨年9月7日に咲き始め、次から次へと花が咲きました。2月19日に最後のツボミが花を開きました。残った木を大事に育てます。もうすぐ春が来ます。それまで、この寒さに耐えてくれれば・・・と思っています。お変わりありませんか。こちらは皆元気です。私ももうひと頑張りします。』

愛情込めて育てた小さな命。その家族の愛情に大輪の花を咲かせて応えてくれた1本のハイビスカス。
心温まる家族の愛情の物語です。

インターネット全盛のデジタル社会で、このようなお手紙を頂くといつも心が洗われます。
しかもその手紙には、懐かしいインクの香が漂います。

返信:いつも心のこもったお手紙ありがとうございます。私達ももうひと踏ん張りです。皆元気です。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

久しぶりにアメリカのクルーズ客船が入った。
お客様のほとんどがリタイアピープルでご年配の人たちが多い。
世界中のいろんなクルーズを行っている中で、今回はミクロネシアのスペシャルクルーズだ。

チュークならではの沈船ダイビング、シュノーケリングではサンゴや魚のポイントの他に、沈船や飛行機も人気が高い。
離島でのバードウオッチングや戦跡巡りのハイキングなど、海に山に元気な老人パワーがさく裂した1日だった。

ローカルスタッフたちもランチをご馳走になり、普段では味わえない料理に大喜びで、何度も何度もお替りをしていた。
かく言う私たちも久々に上品な美味しいランチを頂いてウハウハの1日だった。
手配もスムーズに行き、クルーズ船のスタッフにもとても喜んで頂いた。

今夜は心地よい疲れが熟睡を誘ってくれそうだ。

↑このページのトップヘ