イメージ 1

イメージ 2

来る8月8日、NHKでチューク(トラック島)が放送されます。

タイトルは、『美しき海の墓場 トラック島』 ~戦時徴用船の悲劇~
8月8日(水) 21:00~22:30 NHKBSプレミアム
番組のHPは:http://www4.nhk.or.jp/P5015/ です。

私(末永)も少し出演しています。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

今、チュークで品評会が開催されている。
チューク語では、この品評会の事を『KIMBIOKAI』キンビョーカイと言う。
かつての日本時代、毎年盛大に模様されていた品評会が、戦後になってからも現地人によって継承されてきたものだ。
一時はすたれていたものが、また数年前から復活した。

30年ほど前までは、日本時代そのままにとても盛大に模様されていた。
巨大なパパイヤやタロイモ、10種類を超すバナナなどの様々な食べ物。
大きなウミガメ、沢山の民芸品などがグランドいっぱいに展示された。
各島自慢の伝統芸能が披露されたり、民芸品の実演販売、珍しい貝殻、等々。
子豚や鶏などの生き物がグランドに一斉に放たれ、老若男女がそれを追いかけてゲットする。
楽しいイベントが目白押しの、年に一度の島民たちの楽しいお祭りだった。


今はそれほど盛大ではないが、すばらしい日本文化の1つでもある品評会が、また復活したのはとてもうれしい事だ。
早速、会場に足を運び、かねてから欲しかった椰子の帽子をゲットした。
これからもまた現地の人たちの楽しいお祭りとして、いつまでも続いていくことを願っている。

イメージ 1

9月1日から、成田 ⇔ チュークの直行便が運航されることになった。
ニューギニア航空の成田/ポ―トモレスビー・週2便がチューク立ち寄りにより実現。
フライトタイムは4時間と50分。

成田発・水曜日と土曜日、21時35分。
チューク発・水曜日と土曜日、16時35分。

ミクロネシアファンには願ってもない朗報だ。
太平洋の湖と称される世界一の大環礁には、手つかずの海の大自然が広がっている。
数多くの無人島と世界に誇る沈船の数々。
シュノーケリング、ダイビング、無人島巡り、フィッシング、戦跡巡り、島人たちとの交流、、、などなど。
数多くのアクテビテイーが皆さんをお待ちしています!

この機会を逃さず、是非一度は、ミクロネシア・チューク諸島に足を運んでください。
皆さんのお越しを心から歓迎いたします。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

かつての太平洋戦争時、軍医としてトラック島(チューク)に赴任していた父親の縁で、毎年チュークに足を運ぶことになった広島の伊藤さん。その父上も他界し、最近はもっぱら趣味のフィッシングでの訪問となっている。
そして今年は、頼りがいのある相棒を引き連れて、満を持しての還暦フィッシング。
初日からロッドがしなる。赤い「ちゃんちゃんこ」ならぬ、真っ赤な「バラフエダイ」が還暦祝いとばかりにどんどん釣れる。
そして極め付きは、ヒラアジの雄・GT(ジャイアントトレバリー)とカスミアジ。
人生の節目に相応しいフィッシングで顔もほころぶ。
「じゃあ、また来年!」
足も軽やかにタラップを駆け上がる。

イメージ 1

イメージ 2

GWの真っ只中、休む間もなく、NHKのTV取材が始まった。太平洋戦争関連の特別番組だ。
今日で陸上の撮影が8割がた終了し、とりあえず明日からはダイビングをはじめとした海の撮影が始まる。
残り20日間、まだまだ先は長い。
1日・1日を慎重に、そして楽しく、無事、いい仕事ができるよう頑張ろう。

↑このページのトップヘ